月別アーカイブ: 2013年11月

保育士を辞めて介護事務資格を取得した友人

友人が、保育士の仕事を辞めて、介護事務の資格を取る勉強を始めました。保育士を辞めた理由は、20年近く勤めていて持病の腰痛が悪化し身体的に無理になったこと、結婚願望が強くなったこと、子供を持つぎりぎりの年齢だと思ったことだったみたいです。介護事務の仕事は、以前から、介護に興味があり、本当は介護士になりたかったのだけれど、腰痛のために介護士の道はあきらめたことがあったようです。

介護事務の資格は、そんなに難関ではなかったとのことで、半年足らずで、資格が取れたのだそうです。いざ、就職となると、結構難関らしく、就職活動を始めて、3月以上になるのになかなか決まらないらしかったのです。失業手当も、もうすぐもらえるみたいですが、それも、半年ほどしかなく困っていました。なんとか、失業手当が切れる前に介護事務の仕事を探したいと頑張っていました。すると、自分が保育士を始めたころに、園児だった子が、高校を卒業し介護士の勉強で施設に研修に行っていました。そこの施設で介護事務の求人をしていたため、彼女に紹介してくれたようです。

彼女は、紹介された介護事務の求人に応募して、みごと採用となりました。彼女は、仕事を見つけることができたこと以上に、教え子が自分のことを心配してくれるような社会人に育ったことが嬉しいと涙ぐんでいました。彼女は、なれない職場で上司の人に注意されたり、利用者さんがしょっちゅう事務所に来て、なかなか自分の仕事が覚えられなかったり、自宅から、2時間くらいかかる施設で通勤時間が大変だったり、腰痛がきつくなったり・・・と仕事が決まった故の嬉しい悲鳴を上げていますが、ここでへこたれることは、自分を紹介してくれた教え子に顔が立たないと、毎日笑顔で奮起しています。介護事務の仕事を通じて、利用者さんの笑顔に触れたり、あいさつを交わしたり、楽しみも少しづつ増えて、この仕事につけてよかったと、喜んでいます。