同僚の介護事務士について

訪問介護士3年目の私はここ最近昼休みになると同僚の介護事務士から仕事を手伝ってほしいと言われます。午前中3件の訪問介護をして昼休みに事業所に戻り、一休み中にまた仕事なんてありえません。また午後から2件の訪問介護が待っているのに。よくよく考えると、その女性介護事務士は昼ごはんもさっさとすませ、ほとんどパソコンに向かっています。少しかわいそうになって、「パソコン、変わるよ。」と言い手伝うこともあります。介護事務は介護士のように資格がなくても出来る仕事です。ただ、ほとんどがパソコンでの作業となるため、パソコンが苦手な人には不向きかもしれません。私はこの介護事務の仕事に全く興味がないわけではありません。今はまだ40代ですがこれから歳をとり、介護士の仕事を続けて身体がもつかなあと考えることもあります。事務なら、腰などを痛める心配はあまりありません。眼精疲労にならないかの心配はありますが。そこで、興味本位ではありましたが、その介護事務士に介護事務の資格について少し尋ねました。すると、その同僚は、つい最近介護事務の資格をとったことを教えてくれました。財団法人日本医療教育財団が主催している「ケアクラーク技能認定試験」に合格したそうです。さすが、見えないとことで努力してるんだなあと感心しました。この試験を受けるには、6ヵ月以上介護事務として実務経験を積むか、ケアクラーク技能検定試験受験資格に関する科目を履修するかどちらかの条件が求められるそうです。同僚は、長年介護事務をしているので、「実務経験6ヵ月有り」の方で受験しました。私も資格をとるなら、ここで6ヵ月事務をやらせてもらって資格を取りたいなあと思いました。しかし、試験内容を聞いてビックリしました。学科試験は、人間関係、老人、障害者の心理、介護概論、地域福祉、医学一般、介護報酬請求事務など13種類あります。実技試験は、介護報酬請求事務と介護給付費明細書作成の2種類あるそうです。資格取得についてはよく考えようと思いました。